お子さんがいる家庭の方へ

勉強中は、体を動かす機会が少なく、体力を大きく消耗することはないのですが、目の疲れは確実に溜まっていきます。

またスマホは子供の頃から当たり前に使っており動画やサイトを瞬きが少なく、凝視していることも多いので目の疲れから視力低下に繋がります。

4845491_m.jpg

目が良いに越したことない

メガネを外せたら・・・
若い時から目の筋肉を鍛えることで視力低下を防ぐと言われています。 

最新の機器は低周波(複合波)を使い定期的に行うことで繊細な目を動かす筋肉を強化し視力を低下させる事が期待出来ます。

また通常の老眼にも効果が期待されるデーターもありますのでご家族で目のコンディショニングを行うのも良いですね。

5120322_m.jpg

勉強で目を酷使

勉強で目が疲れると・・・

長時間勉強していると、延々と文字を見続けるため、やがて目が疲れてきます。目には、たくさんの情報を脳に送るために、さまざまな神経が備わっているといわれています。そのため、近くのものを見続ける行為が続くと、目が疲労するのはもちろん、脳に悪影響を与えることになり、めまいや頭痛などの眼精疲労の原因となる可能性もあります。

また、文字がかすんだり歪んだりして見えるときや、目の乾きなどの不快感があるときは、目が疲れていることも一因に考えられます。目の疲労から集中力が低下したり、やる気が出なくなったりすることもあります。

4175194_s.jpg

子供のスマホ老眼

スマホの画面を見ているとき筋肉(毛様体筋)が緊張し水晶体が厚くなります。


スマホを長時間見続けると緊張した筋肉が元にもどらないためピント合わせ
が困難となることが「スマホ老眼」です

加齢による老眼とは違いますので目を休憩することで回復しますが、小さな子さんの場合、回復までの時間がかかることがあります。